長浜別院

諸殿拝観について

滋賀県の古刹、大通寺は江戸時代初期に建立され、真宗大谷派(東本願寺)の別院として知られています。幅広い層から信仰をあつめ、地元の人々から「御坊さん」と親しみを込めて呼ばれています。重要文化財に指定されている、伏見城の遺構と伝わる本堂や大広間など建造物をはじめ、室内を飾る障壁画や工芸など、絢爛豪華な桃山文化を随所に垣間見ることができます。国の名勝庭園に指定されている含山軒庭園は、標高1377メートル、日本百名山の1つに数えられる伊吹山を借景とし四季折々、見応えがあります。また大通寺は江戸時代を通して、彦根藩 井伊家と深い関係を維持してきました。井伊家からは寺領や建造物の寄贈だけでなく、井伊家の息女や息男を迎えました。砂千代姫は井伊直弼の七女で1858(安政5)年に大通寺の養女となり、その後大通寺の第10代の住職の内室となりました。大通寺には砂千代姫の調度品を多く所蔵しており、その一部を諸殿にて展示しております。

拝観受付時間は、10:00~16:00です。

拝観料について

  • 大人: 500円
  • 中学生: 100円
  • 小学生以下: 無料
  • 団体割引: 20名様以上は1割引

◆◆早川鉄兵さん 切り絵障子作品の展示について◆◆

今季展示は終了いたしました。
今後の展示予定については、改めて当ホームページ等にてお知らせいたします
 2021年3月26日から5月16日まで早川鉄兵さん切り絵障子作品の展示を行います。
長浜別院の本堂障子18面に表現された切り絵は、2019年5月の長浜教区・五村別院・長浜別院 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌をご縁として切り絵作家 早川鉄兵さんに制作いただいたものです。
 長浜別院の本堂と壮大な切り絵をご覧いただき、ぜひお参りください。
 
また大広間は、伏見城の遺構と伝わる重要文化財で、絢爛豪華な桃山文化を随所に垣間見られます。名勝庭園に指定されている含山軒庭園は日本百名山の1つに数えられる伊吹山を借景とした庭園となっており、四季折々の美しい景色です。ぜひ併せて諸殿もご覧ください。
【諸殿拝観受付時間】午前10時~午後4時
 拝観料 大人500円 中学生100円  小学生以下無料)

法語印はじめました!

詳細はコチラをご覧ください!

御仏具相続法要のご案内

古仏具をご縁に法要を営みお焚き上げします。
詳細はコチラをご覧ください!

アクセス

  • 〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町32−9
  • 0749-62-0054